フライパンだけでハンバーグを焼くのって難しい

フライパンでハンバーグを焼くと、表面焦げ焦げで中はまだ火が通ってない・・・なんてことが多々あります。
なので最近、ハンバーグはまず表面をフライパンで焼き目をつけ、その後アルミホイルで包んで魚焼きグリルでじっくり焼く、という方法で焼いてたんです。
そうすると中までしっかり火が通り、しかも表面の焼き色もほどよく、食感はふんわりジューシーと絶妙な仕上がりになるんです。
だけどある日、そのアルミホイルで包む手間を面倒くさがり、ついフライパンだけで焼いてしまいました。
火が通ってないと怖いので、蓋をして弱火でじっくり火を通して・・・。
なんてやっていたら、案の定焦げ焦げになってしまったんです(汗)
しかもソースもフライパンで作ったところ、なぜか真っ黒に!煮詰めすぎてしまったか。
久々に美味しくないハンバーグになってしまいがっかりです。
やっぱり手抜きはいけませんね。次回はちゃんとアルミホイルで包んで魚焼きグリルで焼きたいと思います。カードローン 金利 最安