今年の夏休み最後の思い出に出かけてきました。

今日、家族3人(私、妻、息子)で大阪市立科学館に行ってきました。その前に前から行ってみたかった国立国際美術館に足を運びました。バベルの塔が主題だったのですが、予想通り息子の反応は今ひとつで30分しないぐらいの時間で見て終わりました。私ひとりだったらもう少し丁寧に見ていたと思いますが。その後その隣の科学館に行ってきたのですが、想像以上に楽しむことが出来ました。尚、事情でほぼ無料に近い料金で入場することが出来たのも良かったです。科学館の内容はテレビで出ているでんじろうさんのような実験に息子は興味津々でした。また他にも科学を小さい子供が楽しめるようにより体験型の工夫があらゆる施設にされており市立ながらもそのクオリティーの高さは感心させられるものがありました。科学館の方は1時頃に入場したのですが、5時閉館までぎりぎりの時間まで楽しむことが出来ました。息子もかなり興奮気味であらゆる”ゲーム”のようなものに必死に遊んでいました。値段が高くてそれなりに楽しめる施設は色々あるものの、安価でそこまで楽しめる施設はそうそうありません。今年最後の夏休みの思い出に本当に行って良かったと感じました。http://www.gforcesfeeds.com/